アブ2500cの並行輸入品が忘れられなくて

スポンサードリンク

フィッシングサロン心斎橋店にて悶絶するほど悩み迷った挙句、並行輸入品ではなく、オリムピックが正規輸入して取り扱っていたアンバサダー2500cセレクトのシルバーを格安で購入し、念願のアブリールをゲットしたわけなんですが、それで満足して終わりという風にはできなかったんです。

ショップで見て、正規品とどっちを買うか悩んだあの並行輸入品のことが頭から離れなかったんですね。

憧れの、念願のアブリールを手に入れてなお欲深さが体中を蠢いていて、手の中にはアンバサダー2500cがちゃんとあるのに、店で見たちょっとだけ雰囲気の違うアンバサダーちゃんのことばかり考えてしまうわけですよ、うん、もうアンバサダーちゃんですよ、あの娘のことが気になってたまらないって感じですよまさに。

もう本当にしんどくなってきて、家で悶々と悩み過ごす自分のことがばかばかしくなってきたので、またお店に行って、買いましたよ並行輸入品のアブ2500cも。

欲張りですよね。

で、買ったらすーーっと体から毒が抜けていくように楽になり、入れ替わるようにしてそこでようやくアブ2500cを手に入れた喜びが一気に溢れてきたのでした。

欲張りですよねほんと。

二股?

そんなこと言わないでお願い。

並行輸入のあの娘の方は、カスタムどころか箱にしまって保管用にして、ときどき磨いたり眺めたりするだけにしてます。

気持ち悪い?

いいでしょ別に、好きなんだから。